タイトルロゴホーム Copyright(C)
KUBOGAKUEN All right reserved
学科紹介電気システム科>無線従事者・工事担任者国家試験
 

電気システム科 国家試験について

(H19年12月13日)


 無線従事者・工事担任者の国家試験について、下記の通り確認及び、認定されました。

<無線従事者>

以下 全文
  宮崎県で初めて無線従事者の国家試験が免除
   ~都城高等学校が無線従事者資格取得の科目確認校に~

 九州総合通信局[局長:武井 俊幸]は、学校法人久保学園の都城高等高校(宮崎県
都城市)を無線従事者(注1)の免許を取得できる科目確認校(注2)として、本日
付けで確認書を交付しました。
 今回の確認により同校の電気システム科(電子技術コース及び電気技術コース)の
所要の科目を履修して卒業した者は、国家試験を受験することなく申請により第2級
海上特殊無線技士及び第3級陸上特殊無線技士の免許を取得することができるように
なります。
 なお、同校は宮崎県内において、国家試験を受験しなくても無線従事者の免許を取
得できる初めての学校になります。

《都城高等学校に対する認定概要》
学校の名 称(所在地)都城高等学校(都城市蓑原町7916)
学科名電気システム科(電子技術コース)
電気システム科(電気技術コース)
無線通信に関する科目通信工学、通信技術
免許を受けることができる無線
従事者の資格(注3)
第2級海上特殊無線技士
第3級陸上特殊無線技士
注1: 無線従事者とは、無線局の無線設備の操作やその監督を行う者で、総務大臣    の免許を受けたものをいいます。 注2: 科目確認校とは、教育課程に開設している科目の内容が、無線従事者の免許    を受けるために必要な無線通信に関する科目の内容に適合していることについ    て確認を受けた学校(学科)をいいます。 注3: 免許を受けることができる無線従事者の資格で操作ができる無線設備
第2級海上特殊無線技士漁船や沿海を航行する船舶局などの無線設備
第3級陸上特殊無線技士タクシーや運送・販売事業用等基地局などの無線設備

<工事担任者>

以下 全文
都城高等学校が国家試験の一部科目免除校に
~工事担任者試験の一部科目が免除となります~

 九州総合通信局[局長:武井 俊幸]は、学校法人久保学園 都城高等学校(宮崎県
都城市)を工事担任者(注1)試験に係る一部科目を免除できる認定学校(注2)と
して、本日付けで認定しました。
 同校の電気システム科電子技術コースの所要の教育課程を履修した者は、試験の申
請の際に、同教育課程の修了証明書を添えれば、電気通信技術の基礎(AI第三種及び
DD第三種に限る。)の試験科目の試験が免除となります。

《都城高等学校に対する認定概要》
学校等の名称都城高等学校
部科名電気システム科 電子技術コース
免除される試験科目電気通信技術の基礎(AI第三種及びDD第三種に限る。)
注1: 利用者は、電気通信事業者のネットワークに自らのネットワークや端末設備    等を接続する際には、原則として工事担任者資格者証の交付を受けている者に    工事を行わせ、又は実地に監督させなければなりません。(電気通信事業法第    71条)     なお、資格者証の種類及び工事の範囲は、別紙1のとおり。 注2: 総務大臣の認定を受けた教育施設において認定に係る教育課程を修了した者    が試験を受ける場合は、申請により、試験のうち電気通信技術の基礎(高等学    校又は中等教育学校の場合は、AI第三種及びDD第三種に限る。)の試験科目の    試験を免除することができます。(工事担任者規則第11条)
別紙1 工事担任者資格者証の種類及び工事の範囲
資格者証の種類工事の範囲
AI第一種アナログ伝送路設備(アナログ信号を入出力とする電気通信回線設備をいう。以下同じ。)に端末設備等を接続するための工事及び総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事
AI第二種アナログ伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(端末設備等に収容される電気通信回線の数が五十以下であって内線の数が二百以下のものに限る。)及び総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事(総合デジタル通信回線の数が毎秒六十四キロビット換算で五十以下のものに限る。)
AI第三種アナログ伝送路設備に端末設備を接続するための工事(端末設備に収容される電気通信回線の数が一のものに限る。)及び総合デジタル通信用設備に端末設備を接続するための工事(総合デジタル通信回線の数が基本インタフェースで一のものに限る。)
DD第一種デジタル伝送路設備(デジタル信号を入出力とする電気通信回線設備をいう。以下同じ。)に端末設備等を接続するための工事。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。
DD第二種デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒百メガビット以下のものに限る。)。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。
DD第三種デジタル伝送路設備に端末設備を接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒百メガビット以下のものであって、主としてインターネット接続のための回線に限る。)。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。
AI・DD総合種アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事
電気システム科のページへ  このページの最上部へ
 
 動作確認 Internet Explorer11.0   - In Japanese -